歯周病の原因と対策

歯周病 歯周病は、成人の約8割がかかっているといわれています。自覚症状がないため、どんどん症状が進んでしまいます。
痛くなったときには症状がかなり進行しており、最悪の場合、歯を抜かなければならない場合もあります。
歯周病を予防するためにも、原因と対策を知っておきましょう。


原因


■食べカス
歯周病のもっとも大きな原因が、食べカスです。
歯磨きが不十分だと、食べカスが歯と歯の間にたまります。
その食べカスには栄養分がたっぷりありますから、細菌の温床となってしまうのです。
細菌が繁殖することによって、歯周病はどんどん進行していきます。

■生活習慣の乱れ
歯周病は、生活習慣病のひとつです。毎日の何気ない生活習慣が、大きく影響することが分かっています。
例えば、タバコなど、喫煙習慣があると血行が悪くなるので、菌に対する抵抗力が低下します。
食習慣も、大いに関係しています。甘いものや柔らかいものばかり食べていると、食べカスが増えやすくなります。
睡眠不足や精神的ストレス、運動不足も、体の抵抗力が低下する原因となります。

この他にも、病気が原因になることもありますし、妊娠中の女性はホルモンの影響で歯肉が炎症を起こしやすなります。
噛みあわせが悪いことで一部の歯に負担がかかり、症状を悪化させてしまう場合もあります。


対策


■正しく歯磨きをする
正しい歯磨きで、食べカスをしっかり落とすことが効果的です。
磨く順番を決めてから取り掛かれば、磨き残しを防ぐことができます。
ブラシは、毛先が広がらない程度の軽い力で小刻みに動かしましょう。
歯と歯ぐきの境目は45度の角度でブラシを当て、前後に動かしながら磨いてください。
また、電動歯ブラシは正しい利用方法で使うと、手で磨くより短時間で効果的に食べカスを取り除くことができるのでおすすめです。

■生活習慣に気をつける
生活習慣を見直して、心と体の健康状態を高めていくことが大切です。
まず、タバコやアルコールはほどほどにしましょう。
ストレスをためないようにして、バランスの良い食事を取り、きちんと睡眠をとります。
免疫力がアップすれば、歯周病菌に対する抵抗力も強くなります。

■歯科医院での定期的なクリーニング
正しく歯磨きをすることは大切ですが、自分では磨けていると思っていても、不十分な場合があります。
そこで、定期的に歯科医院でチェックしてもらいましょう。
定期的にクリーニングを受けることで、症状の進行を食い止めることができます。
歯科医院へ定期的に通う方と、そうでない方の残った歯の本数には、歴然とした差があります。
歯科医師や歯科衛生士に、歯ブラシの選び方や正しい磨き方を教えてもらうと良いでしょう。

当社では豊富な経験と実績を活かして、ジルコニアクラウン、インレーなど様々な症例に対応できる適合性の高い技工物を製作いたします。

ジルコニアには細菌に対する抑止力があるので、歯周病予防に効果的です。
ジルコニアフレームを使用したメリーランドブリッジは、あまり歯を削りたくない患者さまへ最適だと思います。
東京や横浜で歯科技工所をお探しでしたら、当社をご利用ください。

このページのトップへ