虫歯を放置すると

毎日ていねいに歯磨きをしていても虫歯になってしまうことがあります。しかし、虫歯になっても「時間がない」「歯医者に行くのが面倒」などの理由で、虫歯を後回しにしてしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。虫歯は放置していても治ることはありません。少しずつ症状は悪化していきます。

虫歯治療は早めに

虫歯は、最初は痛みがあってもある時期を過ぎると痛みがなくなります。それは、痛みを感じる神経がダメージを受けすぎている証拠です。虫歯が神経まで達すると、根管治療が必要になります。抜歯してインプラント治療を受けるとなると、さらに多くのお金が必要になります。また、神経がダメになってしまい役割を果たしていない歯の代わりに、他の歯に負担がかかって歯並びや口腔環境に悪い影響を及ぼします。

虫歯は様々な病気の要因になる

虫歯を放置すると、他の病気を引き起こす要因になります。例えば、虫歯菌が顎まで達して炎症を起こすこともありますし、頭痛の原因にもなります。さらに虫歯で口腔内が不衛生になると、歯周炎にもなり、虫歯ではないのに抜歯になる可能性も低くありません。口腔内の出血の原因は歯周炎で、出血により、歯原性菌血症が起こる場合があります。
また、血液中に虫歯の原因菌が入り込むと、心臓や脳に原因菌が運ばれ炎症を起こす可能性も考えられます。忙しい方が多い現代社会、生活習慣の乱れや過度なストレスを抱えている方は多いはずです。そこに「歯原性菌血症」が加わることで、脳卒中や心筋梗になるリスクが高くなります。虫歯を治療することは、様々な病気を発症するリスクを下げることにもつながります。

神奈川県横浜市にある当社は、シェードテイクに呼んでいただき直接患者さまとお話をして技工物を製作している歯科技工所です。日吉や川崎など一時間以内で訪問可能な歯科医院様に対応しています。患者さまに最高の技工物を提供するために、メタルセラミッククラウンやジルコニアクラウンなど自費治療用の歯冠修復物のみを製作しています。審美治療、インプラント治療に必要な技工物の製作依頼をする歯科技工所をお探しでしたら、当社にお任せください。

このページのトップへ