歯が黄色くなる理由

歯が黄色くなったため、審美治療をしようと考えている方は多くいらっしゃるでしょう。 しかし、どうして私達の歯は黄色くなってしまうのでしょうか?

口腔内の乾燥

まず、歯が黄色くなる理由として口腔内の乾燥が挙げられます。 例えば、濡れた布に赤ワインがついたとしてもすぐに水洗いすれば落ちます。 しかし、乾いた布に赤ワインがついた時に水洗いしてもシミになります。 それは歯の着色にも同じことが言えます。 特に、口が開きがちな人、口呼吸をしている人は口腔内が乾燥しやすく、そして歯に着色しやすくなるのです。


磨き過ぎ

歯磨き粉の中には、粗い研磨剤が入っている物があります。 そのような歯磨き粉を使い続けると、歯のエナメル質が必要以上に削られ薄くなってしまいます。 そうすることで、象牙質が透け、歯を白くするためにしていた歯磨きのせいで逆に歯が黄色く見えてしまうのです。 また磨き過ぎることで、歯の表面にある細かい傷に色素が入り、色がつくこともあります。

飲食物

飲食物の中には色の濃い物が多くあり、そのような飲食物が私達の歯を黄色くする原因となるのです。 ココアや赤ワイン、コーヒー、紅茶というのは歯に着色しやすい飲み物として有名ですが、他にも合成着色料やベリー類などの食べ物も着色しやすい食べ物となります。これらの飲食物を食べたり飲んだりし過ぎると、歯が黄色くなってしまうのです。

薬品類

白い歯

意外と思われるかもしれませんが、薬品類の中にも歯に着色をしやすい物はあります。 それは体調管理や風邪予防のために使われる、漢方薬やうがい薬などです。 それらの薬品類も歯を黄色くする原因となる場合があります。 このような漢方薬やうがい薬を処方してもらっている方で歯の着色が気になる方は、医師に一度相談するようにしましょう。

このように、私達の歯が黄色くなる理由はさまざまあるのです。

大分前になりますが、「芸能人は歯が命」というキャッチコピーがCMで流れ、話題となりました。 しかし、芸能人でなくとも人にとっても歯は大切な物ですし、白く輝く歯は美しいものです。 ですから、審美治療だけに頼らず、歯が黄色くなる原因を知識として身につけ、そうならないようにすることが大切です。

ぜひ上記の理由を覚えておき、白い歯を守りましょう。

このページのトップへ