インプラントの寿命

インプラントは一生使えるものと考えている方もいらっしゃると思います。これはあながち間違いではないのですが、インプラントが人工物ということを忘れてはなりません。お手入れやメンテナンスを怠らずに行うことで、ほぼ一生使えると考えても良いでしょう。

寿命には個人差があります

インプラントの寿命は、インプラントを取り巻く環境によって大きく変化します。例えば、インプラント部分が上顎・下顎どちらにあるのか、噛み合わせの善し悪し、唾液の分泌量、インプラントを支える骨の強度など、その条件は実に様々です。
なお、インプラントは一般的に10年以上持つと言われていますが、個人差があるため、近年では安心してインプラントを利用できる「ガイドデント保証システム」にも注目が集まっています。

インプラントの寿命を縮める原因

インプラントの寿命は「お手入れを怠ること」によって縮まります。お手入れを怠ったことで歯周病を発症し、インプラントがダメになるというケースが多くなっています。インプラントは患者さまの骨に埋入して固定されるものですが、歯周病になるとインプラントを支える骨が解けてしまい、その結果、土台が崩れインプラントがダメになってしまうのです。歯周病の怖いところは、初期の段階でほとんど自覚症状がないところです。だからこそ、普段からお手入れ・メンテナンスを行い、口内を常に清潔に保つ必要があるのです。

寿命を保つためにできること

インプラントの寿命を保つためには、日頃からプラークコントロールを心掛けることが大切です。プラークコントロールの基本中の基本と言えば、毎日の歯磨きです。歯磨きの際には、ただ歯を綺麗にするという認識ではなく、歯垢が溜まりがちな歯周ポケットを意識して、ブラッシングすることを心掛けてください。また、日頃のお手入れでは足りない部分も出てきますので、定期的にPMTCを受けるのも最適です。

横浜市港北区綱島西にある当社は歯科技工所ですが、歯冠修復物を天然歯の状態に近づけるためのシェードテイクに積極的に取り組んでおります。シェードテイクの際には歯科技工所としての責任を持ち、患者さまとのコミュニケーションを交え、一人ひとりに合った模型づくりを進めていきます。

このページのトップへ