入れ歯・ブリッジ・インプラントの違い

歯が抜けている部分に施す処置として、インプラント治療やブリッジ、入れ歯などがありますが、この3つの違いについてはご存知でしょうか。以下にて、それぞれの特徴についてご紹介いたしますので、治療の際にはそれぞれの特徴を踏まえ、お選びになってください。

入れ歯(義歯)

人工的に作った歯茎・歯を口の中にはめ込むようにして作られるものです。インプラントやブリッジと違って取り外しが容易なため、お手入れが簡単なのが特徴です。入れ歯には保険適用内で作ることができる安価なものから、保険適用外の高価・高性能なものまであります。
一昔前までは安価である一方で、デメリットも目立っていましたが、近年では技術の進歩もあり、そのデメリットの多くが覆されています。

ブリッジ

1、2本抜けてしまった部分を補う為に両隣の歯が、「橋渡し」の役割をするため、このように呼ばれています。
人口の歯を健康な歯と歯の間に差し込み、両隣の歯を削ってブリッジを被せるので、これによって人口歯が固定され、安定して噛むことができるのです。保険が適用できるため安価で処置できるほか、ブリッジの素材によっては天然歯に近い審美性を取り戻すことができます。

インプラント

インプラント治療の一番の特徴は、健康な歯を削ることなく失った歯を取り戻せることにあります。
保険適用外のため、ブリッジや入れ歯に比べると費用が気になりますが、費用対効果を考慮すると一概に高額とはいえません。
咀嚼能力の回復はもちろん高い審美性を兼ね備えているため、審美としても高い人気を誇っています。

横浜市にある当社は、シェードテイクの際に呼んでいただき、直接患者さまとお話をして技工物を製作している歯科技工所です。
日吉や川崎など1時間以内でうかがえる歯科医院に対応しています。シェードテイクの際に何か分からないことなどがございましたら、お気軽にご相談ください。歯科技工所としての責任を持ち、患者さまのあらゆる疑問にお答えします。
日吉や川崎で歯科技工所をお探しの医院様は、当社をご利用ください。

このページのトップへ