港北区の歯科技工所【armonia】では審美も考慮した歯科技工物を製作!装着時の立会いも可能~シェードテイクの流れ~

製作の良し悪しが決まる治療前のシェードテイク

製作の良し悪しが決まる治療前のシェードテイク

シェードテイクとは、お口の中の歯の色をみることで治療開始前に行います。歯を乾燥させないためです。お口を開ける器具をつけたらシェードテイクの開始です。

特別にカスタマイズしてあるカメラと色の比較対象となるシェードガイドをつかって、口腔内を撮影していきます。オールセラミックの場合は支台となる歯もシェードテイクの対象として撮影を行います。支台歯の色がフレームにも影響を与えるためです。

そして最後に、鏡をみながら患者様のご要望をうかがいます。

港北区の歯科技工所【armonia】は日本でも珍しい機械を使用~シェードテイク・装着時の立会いも可能~

港北区歯科技工所【armonia】は、技術が進歩し続ける歯科医療に対応すべく、最新の技術を取り入れられるよう尽力しております。機械はZirkonzahn社のMAD/MAM機という日本にはあまりないタイプを使用するなど、良いものを積極的に取り入れております。

女性ならではの細やかな対応も得意としており、コミュニケーションを第一としています。歯科技工所として責任を持って対応するため、患者さまと直接お話してご希望をうかがうことも可能です。必要とあれば装着するときの立会いもいたします。

歯科技工所で製造するだけではなく最後まで責任を持って患者さまの手元にお届けしたいという思いを持って取り組んでおります。港北区で歯科技工物の依頼先をお探しなら、【armonia】にお任せください。

港北区の歯科技工所【armonia】は審美の視点も考慮した歯冠修復物を製作

港北区の歯科技工所【armonia】は審美の視点も考慮した歯冠修復物を製作

港北区の歯科技工所【armonia】は患者さまがご満足いただけるような歯冠修復物の製作を心がけています。患者さまと歯科の先生のご意見、両方を聞ける立場なので、本当にご納得いただける歯冠修復物を作ることが可能です。この立ち位置を十分に生かすため、製作前の綿密なヒアリングをしております。

審美を意識する患者さまも増え、「周囲の歯と調和する歯科技工物」と「患者さまが求める白い歯」に食い違いが起こることがあります。なかなか決まらない、意見が食い違うなど、お困りのことがありましたらご相談ください。製造責任者としてご相談を承ります。

ヒアリングから製作まで、一貫の流れをすべて一人でやらせていただいていますので、細かな点も気づきやすいのが大きな強みです。写真だけで終わらず、患者さまの声をお聞きするからこそ、作り出せるものがあります。

お役立ちコラム

港北区の歯科技工所で歯冠修復・インプラントの製作のことなら【armonia】へ

社名 アルモニア
所在地 神奈川県横浜市港北区綱島西2-2-12 プリオール綱島弐番館204
電話 045-546-9833
URL http://www.armonia-labo.com
このページのトップへ